SEO対策の必要性

現在、InstagramやTwitter、Facebookなどのソーシャルメディアの増える中、ある商品やサービスを求めるインターネット利用者の多くは検索エンジンからそのサイトに訪問します。Instagramなどのタグ等で商品や観光地を検索する動きもみられますが、それは少数派でやはり検索エンジンからの顧客の流入が多いです。つまり、SEO対策はいまだに必要であると考えられます。


SEOの基本的な対策については、まず検索順位の上位を狙うということです。検索上位に表示されないとアクセスが減るというのは当たり前ですが、現実はもっとシビアで約70%のユーザーは検索エンジンの2ページ目までしか情報を見ません。狙ったキーワードが20位以内に入らないとアクセスはほぼないと考えた方が良いでしょう。


次に、SEO対策においてキーワードを設定する際は必ず競争率の低いキーワードでも対策することを心がけましょう。競争率の低いキーワードを「スモールキーワード」と言い、競争率の高く順位の上下が激しいキーワード(ビックワード)と比べ検索順位の変動が緩やかでパフォーマンスも安定します。それにより売上も安定するので「ビックワード」よりリスクは小さく広く浅くアクセスを集めることが出来ます。

一方、ビックワードで上位表示するという手段も当然考えられますが、これには労力とお金の覚悟をしましょう。競争率の激しいキーワードは会社がお金と労力をかけて対策しているので片手間に勝負するのは非常にモズかしいです。
また、キーワードを決める際は売れるキーワードをリスティング広告を利用して調べましょう。SEOで重要なのはいかに売れるキーワードを見つけられるかです。

人々のシェアの行方

SEO 対策の中で、長文によるテキストコンテンツが、有利であるなどと言われているようですが、実際には、検証の中では、そのような傾向が見られているようです。ですが、実質的に、 Google 自体が、文字の多さを評価しているとは言い切れませんので、何よりもコンテンツの質の良さなどが、重要となってくるでしょう。どんなに、文章の長いテキストコンテンツを、ウェブサイト上に盛り込んだからといっても、その内容自体が、全く意味のなさないようなものであれば逆にペナルティがかけられる可能性もあります。

たまには、長文によるテキストコンテンツなどにも言えるのですが、そのコンテンツ内容が多くの人にとって、有効性のある記事内容でありまた多くの人にシェアしたいと考えられるようなコンテンツ内容であれば SNS などを通じて、実際に大勢の人々に認知されていくこともあるでしょう。そのような過程において、外部リンクなどが、自然発生手的にリンクすることによって、ウェブサイト自身の評価が上がることも考えられます。

Google からのアナウンスによって、正しい SEO といったものは、公表されておりませんので、どういった試みが、検索エンジンに評価され反映されていくのかというのは、全く謎の部分ではありますが、このような検証結果を踏まえた上で、Webサイト制作や上を行っていくことも不可欠であるでしょう。

「量」と「質」のWebコンテンツ

皆さんが、Webサイトを運営する際に質、の良いコンテンツを組み込むために、他の人気サイトから、質の高いコメントや、文章をコピーしてくることは、著作権などを侵害することにつながり、法的に罰せられることになるでしょう。質の高いコンテンツを、構築していくためには、何よりも、皆さん独自のオリジナリティのあるような、記事や内容が組み込まれていることが重要です。

また、それらの記事やコンテンツ内容が、ユーザーにとっての有益な情報であると言ったことがポイントとなってきます。サイト運営の中では、ユーザーの満足度を高めるということが、重要視されてきますので、ユーザー目線に立ったユーザーのためのコンテンツづくりを、心掛けていきましょう。

また、コンテンツ自体の高い評価を得るためには、 Google から良い評価を得る必要があります。Google のアルゴリズムに関しては、サイト上の画像や動画などのデザイン性の高いコンテンツに関しては、その評価には値しないなどと言われています。重要な事柄は、文章などのテキストによる Google からの評価であるようなのです。

さらにGoogleは、「質」によるコンテンツの評価にプラスアルファ「量」に対する評価も行なっているようですので、Webサイトを運営する側としては、質を落とさずに、「量」を増やしていくことは簡単なことではないかもしれませんね。